文字の大きさ

クリーニングに出すの、ちょっと待って!大切な衣服はもちろん、クリーニングに品物を出す前には、事前チェックをすることをおススメします。このページではチェックすべきポイントをまとめています。また、優れているクリーニング店を選ぶポイント、クリーニングを依頼する際のポイント、品物が返却された際のポイントなども紹介しております。
思わぬトラブル防止の為にも、クリーニングを利用する前はチェックリストを活用する習慣を是非身に付けましょう。


クリーニング店を選ぶ際のチェックポイント
価格の安さだけで選ばない
料金が明示してあるお店を選ぶ
カウンターで品物に対して相互確認が出来、処理方法など丁寧に説明してくれる店員がいるお店を選ぶ
預かり証を発行するお店を選ぶ
クリちゃんマークやLDマーク、Sマークを参考にする

品物を預ける前に自宅で行なうチェックポイント
ポケットの中を確認する
しみや汚れの場所を確認する
ほつれや破れがないかを確認する
預かり証を発行するお店を選ぶ
※脇の下、袖や衿など、見落としがちな所もよく確認しましょう。



品物を預ける時のチェックポイント
しみや汚れがある場合は、必ず場所と、何の汚れか?いつ付着したものか?など具体的に店員へ伝える
品物の処理方法の説明を求める
スーツなど揃いの物は一緒に出す
ベルトやフードなど付属品がある場合は、店員に伝える
初めて洗う品物は店員へ伝える
形見品、高級品など特に大切な品物は必ず店員へ伝える
預かり証は必ず受け取り、内容を確認する
ボタンや装飾品がポイントになる商品は取り外しておく

品物を受け取る時のチェックポイント
預けた品物が全てあるかを、お店の人と一緒に確認する
出来るだけその場でビニール袋から出し、しみや汚れの落ち具合をチェックする
※クリーニング事故賠償基準では、品物受け取り後6ヶ月以内にお客様からの申し出が無ければ、お店による賠償は免れることに注意する。



クリーニング後の品物を収納する際のチェックポイント
カバーを外さず収納・保管した場合は、変色等が起こる恐れがありますので、必ず外して、陰干しを行なってから収納しましょう。(ポリ包装カバーは、お店からご自宅までの汚れ防止が目的です。)
防虫剤・防湿剤・防カビ剤等を正しく利用する(※ラメ製品は防虫剤でラメ部分が消失することがありますので、注意しましょう